波佐見焼の陶磁器ブランドとして、伝統を守りながら進化するモノづくりを心掛けています。  
  technique▸     ippin▸    order-made▸

永峰製磁 永峰製磁は、昭和の初期手作りろくろの名手であった初代 長崎三市の時代(1936年4月)に長崎県波佐見町に創業しました。 厳選された天草陶石を原料とし、創業当時と変わらない製法で波佐見焼の名品を作り続けています。 「現代的な形と自然の中にある色の中和」をテーマに、シンプルで使いやすく、手作業による‟ぬくもり”を大切にして、少しでもお客様の暮らしを豊かにしたいと願っており、それを実現するために、情熱と手間ひまを掛け、一つひとつ丁寧に作り上げています。
 
 
波佐見焼 1599年慶長4年 李朝陶工 李祐慶らによる波佐見焼創始の言い伝えがあり、永尾山神社に「当山元建慶長四亥年」と彫られた石碑が発見され、これを起源として波佐見焼の歴史が始まります。江戸時代には全長155mもある巨大な永尾本登窯が焼かれ、波佐見焼を代表する「くらわんか碗」やヨーロッパに数多く輸出された「コンプラ瓶」などが量産されました。これらの貴重な歴史的遺産がある波佐見町で永峰製磁は80余年の時を過ごしています。先人たちの偉業に敬意をこめて、これからもこの地で進化する白磁を作り続けています。